コアラのお家づくり

一条工務店で建てるi-smart

スポンサーリンク

黒いスマートバス

タイトルはi-smartの浴室の名前です。

我が家は他の人があまり採用しなかった、もしくはオススメできない色を選んだので、あえて紹介しようと思います。

我が家のスマートバスの色の組み合わせ以下のものです。

f:id:koalas:20150317220123j:plain

壁面の正面が1面がウッディブラウンで、残り3面はホワイト。床はブラックで、台は黒御影になっています。また見てのとおり浴槽はブラックになっています。

男の人なら憧れそうな色だと思うんですが、落ち着きそうじゃないですか?

しかしこのスマートバス(この色だと)だとデメリットがあるみたいです。

 

①床のブラックは水垢が目立つ。

これは、i-smartで建てた方のお宅訪問の時に奥様からアドバイスで言われました。

ちなみ一緒にお宅訪問し、今年i-smartを建てた担当営業さんもこのアドバイスから浴室の色は水垢が目立たないものにしたそうです。

 

②ということは浴槽のブラックも水垢が目立つはず。

これは①からの予測になります。ちなみに白なら水垢はあまり目立たないそうです。担当営業さんにも打ち合わせの中で数えきれない程度に「本当に大丈夫ですか?」と確認いただきました。

 

打ち合わせの最後の最後まで浴槽の色は悩んでいました。

現実くん「気持ちは黒にしたいけど、水垢を考えると白の方が後悔しなさそう。」

理想くん「でも床はどのみち黒だし、黒以外にしようと思うと壁面や台の色まで変わってしまい、それは自分の欲していた浴室のイメージとは大きく離れてしまう。」

現実くん「でも浴槽白なら許せる範囲の妥協で、やっぱり水垢が目立たなくて楽なんだろうと思う。」

理想くん「せっかくの注文住宅なのだから、思い切って人と違うものを選ぶのも悪くない。」

現実くん「水垢がつかないように、かなり気を使わないといけない気がする上に、気を使ってもある程度の水垢は避けられなさそう。」

理想くん「目立たないだけで白い浴槽とかでも水垢だらけ、黒だから不潔な訳ではない。」

等々、数ヶ月間悩み続けていました。

 

心は宿泊体験の時に決まりました。

f:id:koalas:20150317221544j:plain

写真では分かりにくいですが、この浴槽はアクリル人造大理石という素材になってまして、展示場では注視してなかったのでスルーしてましたが、表面は透明なアクリル材になっていました。透明なアクリル材の中ちょっと入ったところに白い浴槽が入っているという感じになっています。

これで黒い浴槽を採用しても表面まで黒くない為(表面は透明なアクリル材)、何となく水垢が目立たなそうと思ったことと、毎回タオルで拭き取ればいけるんじゃないかなと思った為、黒い浴槽に心が決まりました。

済むのは今年10月頃の予定なので、家主vs黒い浴槽と水垢の終わらない戦いの経過もまたいずれ。

スポンサーリンク

「コアラのお家づくり」はGoogle Adsenseを広告として使用しています。Google Adsenseはデータを収集するために、Cookieやウェブビーコンを使用して広告配信をしています。Cookieを使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。情報提供を望まない場合は、Googleのポリシーと原則のページより、Cookieオプションを使用しないように設定することができます。

「コアラのお家づくり」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

「コアラのお家づくり」はrakuten.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、楽天アフィリエイト・プログラムの参加者です。